実践的防災学シンポジウム~組織の減災をどう進めるか~を開催します10/31㈬*参加無料

2018.10.15

東北大学災害科学国際研究所主催
第3回 実践的防災学シンポジウム

組織の減災をどう進めるか~方法の提案と実装に向けて~

2018年10月31日㈬ 15:00-18:30 災害科学国際研究所 1F多目的ホール入場無料

プログラム (印刷用パンフレットはこちらから

開催挨拶・趣旨説明(司会)                   災害科学国際研究所教授  丸谷 浩明

第1部: 「組織の備えの実情と対策」

 発表1:「企業の災害対応の現状と課題」

         東京海上日動リスクコンサルティング主幹研究員・立教大学大学院特任教授  指田 朝久

発表2:「東北大学病院BCPの維持・管理と今後の課題」       災害科学国際研究所助教  佐々木 宏之

発表3:「学校の災害への備え」        宮城県教育庁スポーツ健康課課長補佐(防災教育担当)  村岡 太

第 2 部:「組織の備えをどう支援するか」

発表4:「官民連携による組織の防災の推進」            災害科学国際研究所助教  寅屋敷 哲也

発表5:「リアルタイム津波浸水被害予測とその活用」

                                     災害科学国際研究所特任教授(客員)・国際航業(株)防災情報チーム  村嶋 陽一

発表6:「拡張型GISによる災害シミュレーションのプラットフォームの構築」

                                                                                                        災害科学国際研究所准教授  森口 周二

第 3 部:パネルディスカッション    パネラー:発表者全員 コーディネーター:丸谷浩明      

むすびの挨拶                            災害科学国際研究所教授  村尾 修

【参加登録】 以下の電子メールまたはFAXで、「シンポジウムに参加希望」とご連絡ください。
      事務局 東北大学災害科学国際研究所 総合減災プロジェクトエリア
    電子メール sankangakumin@irides.tohoku.ac.jp FAX 022-752-2155
   問い合わせ 022-752-2156 (担当者: 山口、寅屋敷)