プロジェクトメンバー

マリ エリザベス アン

助教

専門
住宅復興
分野所属
防災社会国際比較研究分野
ユニット所属
減災・復興デザイン・減災社会実装プロジェクトユニット 主メンバー、減災社会実装プロジェクトユニット 副メンバー

メッセージ

災害後、住宅復興はどのように被災者の実際のニーズと生活復興支援に対応することが出来るのか?
 このような問題に関し、「人間中心住宅復興」を目指して住宅再建事業や移転が住民の生活環境にどのように影響を及ぼしているのかを研究している。
住宅復興は、それぞれの地元の歴史や文化、政治的、経済的な影響、法律や政策に沿って進む。アメリカ、インドネシア、フィリピン、タイ、台湾、日本などの様々な国の事例と一般的な原則に基づき、住民の為のより良い復興を目指して学んだ事を共有している。