プロジェクトメンバー

佐々木 宏之(ささき ひろゆき)

助教

専門
災害医療 / 外科系臨床医学 / 消化器外科学
分野所属
災害医療国際協力学分野
ユニット所属
減災社会実装プロジェクトユニット 副メンバー

メッセージ

病院は「医者と看護師」がいれば成り立つものではありません。病院には電気が必要で、水が必要で、それらの保守点検をする方から、薬剤師、放射線技師、栄養管理師、会計を扱う事務の方、警備員、駐車場の整理係、調理をする方、清掃する方、ゴミを運ぶ方など内部を見ただけでも様々な職種によって成り立っています。それに、食材や薬剤を運び入れる業者の方々、退院した方を乗せてくれるタクシー業者の方など、「入口」「出口」を考えれば、関係する人々は数知れず…。これら、人々による一連の流れが大災害によって止まったり変わったりしても、病院は変わらず「病院」としての役目を果たしていけるでしょうか?
大災害が起きた際も病院が「病院」であり続けるためには、平時から何を考えて備えておけばよいのか。そんなことを考えながら日々過ごしています。