プロジェクトメンバー

井内 加奈子(いうち かなこ)

准教授

専門
復興計画・政策、国際開発、まちづくり
分野所属
防災社会国際比較研究分野
ユニット所属
減災・復興デザインプロジェクトユニット 主メンバー

メッセージ

2011年の東日本大震災以降に限っても、2012年ハリケーンサンディ(アメリカ東海岸)、2013年台風ヨランダ(フィリピン・レイテ島)、2015年ネパール地震(ネパール・ゴルカ地方)など、世界各地で自然災害による大きな被害が生じています。将来に災害が起こっても、被害を軽減できる、より安全、かつ、より快適に生活できる地域への転換を目指した復興計画の立案とその実現のための方法について研究しています。特に、レジリエントな復興を目指す移転・再定住計画のあり方や課題に着目し、インドネシア、フィリピン、アメリカ、日本(東北)などの事例から学ぶことで、普遍的な生活再建支援の枠組み構築を目指しています。